1. HOME
  2. イベント総合
  3. イベント
  4. 2020年2月22日 岩槻人形博物館オープン

2020年2月22日 岩槻人形博物館オープン

人形のまち、岩槻に人形文化の拠点施設

「さいたま市岩槻人形博物館」、2月22日開館!

2020年2月22日、“人形のまち”として有名なさいたま市岩槻に、「さいたま市岩槻人形博物館」がオープンします。
岩槻は、日本有数の人形産地として知られており、その職人技術は、江戸時代に花開いた衣裳人形や木目込人形の伝統の職人技術が今日に脈々と受け継がれ、人々に愛される各種の人形を世に送り出しています。
人形ゆかりの地に開館する「さいたま市岩槻人形博物館」は、これまで生まれ受け継がれてきた伝統ある人形文化を国内外に発信し、その魅力や奥深さを伝えることを目的とした、日本初の公立の人形専門博物館です。
当館では人形や人形文化に関する資料の収集・保存、調査研究を行い、展示・教育普及活動などを通して、多くの方々に人形への親しみを持っていただけるような企画に取り組みます。
所蔵品の柱は、人形玩具研究家、日本画家として活躍した西澤笛畝(1889~1965)が収集したコレクションで、その他のコレクションとあわせて 5,000 点以上の人形関係資料を収蔵しています。
なかでも、犬筥はその迫力と造形的な美しさで当館を代表する名品で「開館記念名品展Ⅰ 雛人形と犬筥・天児・這子」でお披露目されます。

さいたま市岩槻人形博物館開館の背景

さいたま市では、盆栽・漫画・人形・鉄道を魅力ある資源として位置付けており、すでに開館している盆栽・漫画・鉄道に加え、新たに人形文化を振興、発信するための拠点として「さいたま市岩槻人形博物館」を開館します。

■予定されているイベント・企画展等

さいたま市岩槻人形博物館では、開館と連動して以下のイベント、企画展を予定しています。

  1. 開館記念企画展
    • 「開館記念名品展Ⅰ」「開館記念名品展Ⅱ」「開館記念名品展Ⅲ」を予定しており、第一期として、2/22(土)~4/12(日)の期間で「開館記念名品展Ⅰ 雛人形と犬筥・天児・這子」を開催します。
  2. トークセッション「雛祭りの今、これから-祝いから趣味・観光へ」
    • 日時:2月29日(土) 午後1時30 分~午後 3 時 50 分
    • 登壇者:是澤博昭氏(大妻女子大学教授)、神野由紀氏(関東学院大学教授)、山田慎也氏(国立歴史民俗博物館教授)
    • 会場 :当館会議室
  3. 講演会「お雛さまのお召しもの」
    • 日時:3月22日(日) 午後2時00分~午後3時30分
    • 講師 :河上繁樹氏(関西学院大学教授)
    • 会場 :当館会議室
  4. 学芸員による展示解説
    • 日時:2月23日(日・祝)、24日(月・休)、3月1日(日)、15日(日)、20日(金・祝)/いずれも午後1時30分~(30分程度)

■同時開館する「にぎわい交流館いわつき」について

さいたま市は岩槻の歴史及び文化の発信、産業及び観光の振興並びに地域活性化の拠点として、地域のにぎわいの創出に寄与するため、「にぎわい交流館いわつき」を設置します。
館内にはお土産を取り扱うショップ、岩槻の特産品を使用したメニューを楽しむことができるカフェなどを開設します。
また、「さいたま市岩槻人形博物館」の企画展等に連携したイベントとして、ワークショップ、クラフトルームでのものづくり体験などの企画も実施します。

■地域の関連イベント

岩槻駅東口周辺では、以下のイベントが開催されます。

  • まちかど雛めぐり 2/22(土)~3/8(日) 午前10時~午後4時/開催場所:岩槻駅東口周辺商店街
  • ひな市 2/23(日・祝) 午前10時~午後4時/開催場所:岩槻区本町3丁目
  • 流しびな 3/1(日) 午前10時~午後2時/開催場所:岩槻城址公園 菖蒲池周辺

※記者発表資料より情報掲載

日時 2020年2月22日(土) OPEN
所在地 〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町 6丁目1-1
電話番号 048-749-0222
開館時間 午前9時00分~午後5時00分(観覧受付は閉館30分前まで)
休館日 毎週月曜日
交通案内 電車をご利用の場合:東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」から徒歩約10分
車をご利用の場合:東北自動車道「岩槻 IC」出口から約 5.5km、車で約12分
駐車場 無料30台
公式サイト 公式サイト

| イベント